平成26年 初 釜

平成26年1月11日(土曜日)恒例の初釜を実施しました。

今年は数日前より寒波に見舞われとても寒い朝でしたが 陽光のおかげで日中はポカポカ陽気になり 中立の時間帯には外の腰掛けで座って時間を過ごす方もいました。

 

定刻の11時 今年は例年とは異なり 寄付(北辰軒玄関)で到着順に香煎を飲んでいただき 本席へお席入りしていただきました。

席中にて新年の挨拶を交わした後 私の炭点前で今年の初釜は始まりました。

 

床は新春らしく愈好斎筆 一行 「春入千林処々華」。

香合は一昨年 全国大会神奈川大会の折 家元が好まれた 少

庵好の白粉解香合。

花は賀茂本阿弥椿と藪椿 そして水仙と蝋梅を入れました。

花入は備前の耳付き花入。書院には梅月蒔絵の硯箱。床脇には 

各種箱書きを飾りました。

点前座周辺では 昨年世界遺産になった富士の形をした 道爺造

の八角釜。

一郎兵衛作の菊置き上げの炉縁が華やかさを演出してくれます。

棚は同じく一郎兵衛作の竹柱四方棚。

水指は桶側を載せ さっぱりとした新春の点前座としてみました。

 

炭点前が終わると点心席の準備がある為 一度散会し 正午に改めて点心席に集合。

今年の大きな予定を発表し 皆さんのご協力をお願いして いよいよ乾杯。

約一時間 社中一同が懇親をはかりながら会食。主菓子が出て 中立。

 

13:30銅鑼の音を合図に蹲踞を使用して 席入りとなりました。

日頃のお稽古の成果でしょうか 20名近くにも関わらず お席入は10分少々で完了。

 

いよいよ濃茶です。 

茶入は瀬戸ねじ抜き 銘波枕。毎年恒例の道具ですが 肩の所

に波線があり 胴の中央辺りが凹んでいるところからの命名か

と思われますが 初夢にかけて使用しております。

茶碗は 一入造で直斎が箱に黒大茶碗としたためられた 大振

りな茶碗。

茶杓は好々斎作 銘 岩戸。万物への恵みを与える太陽をイ

メージしております。

蓋置きは鈴木表朔と大森金重の合作で 突羽根の蓋置。

毎年少しづつお道具も内容を変えて使用していますが 変わら

ぬお道具との出会いに 今年も無事に初釜を迎えられた喜びを

感じております。

今年は私も皆さんとお相伴し 濃茶が終了。

 

その後は社中を2グループに分けて 薄茶です。

水屋グループとお客様の2グループになっていただき 交互にすることにより ゆったりと また 次ぎに控えるお楽しみの懇親会準備にも着手出来る為 昨年よりこの方法を採用しております。

両グループの薄茶終了後 集合写真を撮り 15:15頃。

席中の片付けと懇親会準備を総力戦で行い 16:00から改めて一同の懇親会。

今年は珍しくほとんど全員が18:00の定刻まで居残って下さり 大いに盛り上がりました。

 

  平成二十六年 初釜会記 

 

平成26年正月12日

玄 関 床

床   有隣斎筆 馬画賛 

煙草盆  桑手付 

 煙管 如心斎好   火入   赤膚

 煙草入 独楽

卓    干支扇子 

        

点心席(直会殿)

床  狩野探令筆 松竹梅鶴亀の図

       丸三方に熨斗飾り

       青竹花入に結び柳・白玉・藪を入れて

 脇   竹花入に松、水仙、紅白梅、藪椿 他

 

上の間席

床    上田耕甫筆 鶴と松の図

 

本  席(北辰軒)

床   愈好斎筆一行 春入千林處々華

香合   少庵好白粉解 不徹斎在判 共箱     雅峯造

書院   梅月紋硯 

 脇    毛氈に箱書き各種

花入   備前                 柴岡守造

 花    賀茂本阿弥 藪 水仙 蝋梅

釜    八角富士釜 八景地紋有         道爺造

水指   桶側 

 先    不徹斎好 起風

 棚    直斎好 竹柱四方棚        市郎兵衛造

 縁    一啜斎好 菊絵           市郎兵衛造

茶入   瀬戸ねじ抜き 銘浪枕

 袋    一重蔓牡丹唐草

茶碗   一入黒 直斎銘 大茶碗

 替    御本半使 不徹斎箱 銘八重垣

 替    光悦紙屋写         九代 長左衛門造

 替    光悦時雨写         九代 長左衛門造

茶杓   好々斎作  銘 岩戸 共筒共箱

 蓋置   つくばね           表朔・金長合作

 建水   木地曲 

御茶   巌の昔              柳桜園茶舗詰

菓子   若菜餅                とらや製

  器   縁高重                萬象造

茶器   不徹斎好 春の野中棗          考煙造

 替    真塗中棗 一指斎筆和歌

        一輪の 春とや思う 宝の梅 

茶碗   赤 真伯手造 梅の絵有り

 替    相馬焼

 替    祥瑞                 真葛造

 替    日の出              小峠丹山造

茶杓   不徹斎作 銘 常若 共筒

茶    常磐の昔               柳桜園詰

菓子   社紋菓・富貴             庵寿調製

 器    亀甲真塗内金泊張  

      一啜斎好松葉盆 愈好斎箱       漆仙造 

以上

 

 Wix.comを使って作成されました

お問合せ
a.aikawa@jcom.zaq.ne.jp
 
アクセス
 
京浜急行逗子線六浦駅より徒歩7~8分
 
横浜横須賀道路
朝比奈インターより約10分
駐車場完備